那須野が原マラソンコンサート2020~つかの間の夢~

新型コロナの影響で今年は無いんだろうな・・・とあきらめていた『那須野が原マラソンコンサート』が開催される!
・・・と喜んだのは2日前のこと。
来週からエントリー開始なので、今日は会社の昼休みに出演申込書をダウンロードしようと那須野が原ハーモニーホールのホームページを覗いて目を疑った。

第27回マラソンコンサート」中止のお知らせ
8月に開催を予定していた「第27回マラソンコンサート」は、中止となりました。楽しみにしていただいた方にはたいへん申し訳ございませんが、なにとぞご理解くださいますようお願いいたします。


確かに『中止になる可能性がありますので御了承ください』とはあったけど、
まさか、HPに案内が出て6日で中止になるとは。。。

ガッカリしながら仕事から帰ると、1枚のハガキが届いていた。
はがき
2月下旬から休講になっていたピアノのレッスンがいよいよ来月から再開するのだが、
実は休講中に先生にこんなメールを送っていたのである。

(中略)
ずっと外出自粛でどこへも行けないので、ピアノを弾くしかありません(笑)
レッスンが再開する頃には相当うまくなっちゃいますね!


“練習の成果”って何のことでしたっけ?とは言えない。

さて、バラード1番を弾く!!

昨年6月から譜読みを始めたバラード1番。
今年8月の那須野が原マラソンコンサートでこの曲を弾きたい!というその気持ちが、
この1年間少しもブレることがなかった自分は『かなり本気だったな』と思う。

たった1曲のために1年以上かけるなんてアホちゃうか!と言われそうだが、
私にとっては本当に、手が届かない、憧れの、雲の上の曲だったのだ。

ところが、全14ページ264小節を12分以上かかってやっと暗譜で弾けるようになった頃、
日本でも新型コロナの感染が広がり始めました。

直近のコンサート関係はすべて中止、ピアノのレッスンも休講。
那須野が原マラソンコンサートは毎年8月下旬だけど、エントリーは6月あたま。
世の中がまだまだコロナの影を引きずる中、素人相手のコンサートを例年通りやるとは思えなかったので、
1年間向き合ってきたこの曲は、来年のマラソンコンサートで弾く覚悟でいました。
20200523202004a08.jpg

ところが、だ。
今日たまたま那須野が原ハーモニーホールのホームページを覗いたら・・・
那須野が原マラソンコンサート2020、←やってくれるって!!

コロナ禍の流儀

  • Day:2020.05.22 21:16
  • Cat:日記
コロナ禍で会社が一時帰休になり 目下 週休3日。
平日なら空いているかと思い、今日は何ヶ月ぶりかも思い出せないくらい久しぶりの眼科受診。

お昼近くの空いてそうな時間をねらって病院に車を乗り入れると、
駐車場はまずまずの混み具合。
自動受付機を通して待合ロビーで待つこと2分で名前を呼ばれ早ッ!?と驚いていると、
診察の順番がまわってきたのではなく体温測定だった。
看護師さんが手に非接触式の体温計を持っているのをみて、言われる前に前髪を上げて待つ私。
当然ながら、受付カウンターにはビニールカーテンがあり看護師さんも患者さんも全員マスク着用だ。

さらに3分待っただけで、名前を呼ばれ予診待合へ。
誰に言われた訳でもないのに、みんな10脚ほど並んだベンチに2個飛ばしに座っているのは、
さりげなくソーシャルディスタンスを死守?
予診・視力測定・診察を今までにないくらいスムーズに進み、
ナント受付から20分で会計まで終了。
久しぶりの病院だったので気負って出かけたのに、拍子抜けするくらいあっけなかった。

病院の帰りにスーパーに立ち寄ると、
空いている駐車場もこころなしか2個おきに駐車しているように見えるし、
スーパーの中では、必要以上に間隔をあけてすれ違おうとするお客さんがいてチョット感じが悪い。
レジ前で混雑しないよう 床に待ち位置のマークがあるのも慣れた。

新型コロナを完全に封じ込めるには何年もかかると言われているが、
こんな田舎でさえ 既に対新型コロナへの新たな流儀のようなものが確立されているのを感じながら帰ってきた。
2020052220201954f.jpg

まんまとスイカ!

  • Day:2020.05.20 21:17
  • Cat:家族
昨日のブログを見た娘から夜になってLINEが届いた。
まんまと
仕送りの荷物には丸い包みを2個入れてあって、
1つを開けるとキャベツが出てくる。
『うちの親 キャベツ 2個も送ってきたよ』ともう片方も開けると、
そっちからはスイカが現れる・・・というオチを狙っていたが、
まんまと ハメられた娘。

スイカ今気づいた笑
キャベツだと思ってた。
ブログ読んで気づいた笑


いや、ブログを見てもう片方がスイカだと気づくあたり
我々の期待の更に上を行っている!

仕送りは楽しくて、ちょっと寂しい・・・

  • Day:2020.05.19 21:21
  • Cat:家族
先週、県外でひとり暮らしの娘から「米 送って~!」と連絡が入っていたので、
米と一緒に送る野菜の買い出しのため 先日スーパーに出かけた。
今回『俺も買い物があるから連れてって』というドル夫も連れて。。。

スーパーで私が仕送りの定番・きゅうりとトマト・キャベツを選んでいると
隣からドル夫が『これも送ってあげよう』と小玉スイカや野菜ジュース・お菓子・とうもろこしを買い物カゴに入れてくる。
仕送りの買い出しは不思議なもので【見るもの全部送ってあげたくなる衝動】にドル夫も目覚めてしまったようだ。
そんなドル夫を「どうせまた来月も仕送りするんだから」と言いくるめて家に返ってくると
荷造りはドル夫の担当。
202005192025479ee.jpg
ドル夫の荷造りにもこだわっていて、
まず、仕送りのダンボールを開けると インパクトのあるさきいかがドーンと現れ、
そのあと大量のお菓子で ガッチリとハートを掴むと、下から丸い新聞紙の包が2つ現れる。
その1つを開けて『キャベツ2個も送ってきた・・』と思いながらもう1個の包を空けるとそっちはキャベツじゃなくてスイカが出てくる仕掛け。
スイカ(¥980)を見つけた時の娘の顔を思い浮かべながら荷造りするドル夫は本当にいじらしい。。。


今日 娘から『荷物届いたよ』と届いたLINEでは、
私が選んだオカメインコの靴下を履いて『かわいい!』と喜んでいた。
2020051920261340d.jpg
が、『スイカは何も言ってこない・・・』とドル夫は少し寂しそう。