穴場

11月3日に結婚25周年を迎えた我が家は、23日から2泊3日の京都銀婚旅行を予定している。
3日間の日程はドル夫がガイドブックとネットを駆使して決めた。
あとはお天気が良いことを祈るばかりだ。

そんななか、銀婚旅行3日目のコースに入れた東福寺がテレビで紹介されていたそうだ。
東福寺1

しかし、『東福寺がテレビで紹介されちゃったんだよ!』と何やら不満そうなドル夫。
よくよく聞いてみると、『東福寺は紅葉の穴場だったのに、テレビで紹介されたら観光客が押し寄せちゃうじゃないか』ということらしい。


ふ~ん。。。アタシは最初から穴場だなんて思っていなかったけど・・・。
だって東福寺をコースに入れたって聞いてチェックしたら、出てきた画像がコレだったんだもん。
東福寺_convert_20171110212916
ぎゅうぎゅう!!
スポンサーサイト

コンプライアンス講話は勉強になった。

今日は、栃木県の県庁所在地宇都宮市の『とちぎ健康の森』に行ってきました。
森に囲まれた広い敷地には、リハビリセンター、特別支援学校がある他、
健康づくりセンター内には体育館やプールやジムまであり おお~!
健康の森_convert_20170923204119
でも、今日の私の目的はドル夫の職場のコンプライアンス講演会。。。
ドル夫の職場はいちいち夫人同伴の会議が多くて面倒なうえ、
コンプライアンス講話なんて絶対につまんね~に決まってる!
なので、正直"プールで泳いでいた方がいいな~"と思いながら席に着く。


講師を務める、霞が関本社のコンプライアンス室からきた60歳くらいの執行役員は、
見るからにシャキッとしていて独特のオーラがありました。
講話が始まると先ず講師の自己紹介があり、出身は宮崎とのこと。
初めてきく珍しい苗字と九州訛の理由がわかり納得。
栃木県は昔「はとバス」の『日光東照宮とリンゴ狩りの栃木路ツアー』で来たことがあるが、
東京駅を出発して30分で『今日は東照宮が物凄く混んでいるので東照宮は省略します!』で始まり、
リンゴの木の根元に置かれたリンゴを拾うだけの"なんちゃってリンゴ狩り"で終わった悪夢のツアーの話に
会場の500人はみな大爆笑。

この段階ですでに20分経過。
ふと、あれ?コンプライアンスの話はどうしたんだ?と気になったが、
つかみが超ウマイのだと後になって気づく。

いつのまにかコンプライアンスの話に入り、
途中15分の休憩をはさんで2時間もあった講演は、
全く飽きることなく最後まで話に引き込まれて聴き入ってしまった。


いや~!!感動!!
ガッチリと心を掴むような話術は、かなり勉強になった。(←そっちかい!?)

那須ガーデンアウトレットで登山用品をひやかすの巻

台風の影響で、ドル夫と予定していた山登りに行けなくなったので
那須ガーデンアウトレットに出かけてきました。
アウトレット_convert_20170917162821
(画像はお天気の良い日の画像を拝借)


私はお目当てだったジョギングウエアと財布を購入。
小雨が降っていたので、
どちらのショップでも紙袋にビニールをかけてくれる心遣いがあってありがたや~
20170917161716ac7.jpg
数年ぶりに行った那須アウトレットは、店舗数がかなり増えた印象で登山用品のお店もたくさんありました。
ドル夫は登山用の帽子を購入。
他にも『登山用の手袋とゲイターが欲しいね』としばらく眺めたものの、
登山用品は値段の張るものが多くて、つい・・・
オレ、今使ってる軍手でいいや!
アタシも100均のガーデニング用手袋でいいや!・・・と意気投合。
ゲイタ―に至っては二人とも「100均のアームカバーでいいんじゃね?」という結論に至る。

↓こちら本物のゲイタ―(¥5,000)
ゲイタ―



こちらが100均のアームカバー(¥100)
アームカバー

どぉ?いけそうじゃね?



・・・って言うか
アタシにも作れそうじゃね?

東北が私を呼んでいる

仙台のブロともさんから『仙台ジャスフェス』と『せんくら』のパンフレットが届いた。
ジャズフェス   クラシック
仙台市街のあちこちに特設ステージができて、街中がまさに音楽のお祭りになる・・・というのを聞き、「行ってみた~い!」と 1年も前に私が言っていたのを覚えていてくれたのだ。

10月上旬の紅葉の時期に合わせて 仙台の先の栗駒山に行くために日程調整していたので
今年のフェスには行けそうもないが、どうやらこの秋、東北が私を呼んでいる。

栗駒登山が楽しみで、先日こんなかわいい"登山帽"を新調したら、
20170907200049bd5.jpg
私の買い物に付いてきただけのドル夫は、登山用のストックとパンツを衝動買いしていた(笑)!!

牛タンと背中で感じる仙台の旅~2017夏

今年3度目の仙台から帰ってきました。
5月は仙台マラソン
6月は仙台で暮らす長男の定期演奏会
そして、今回は・・・ズバリ!
娘と行く牛タンと背中で感じる仙台の旅 (旅のネーミングの由来はコチラ)⇒

まず、家を出る際のカーナビの目的地を「牛タン利久多賀城店」に設定。
「うみの杜水族館」も行きたかったので、仙台市よりチョット先の(水族館に近い)多賀城市のお店を選びました。
目的地までは230㎞。朝8時に出発して途中東北自動車道のPAで休憩しながら行くと12時に到着予定。
多賀城市の利久に行くには、東北自動車道仙台南JCTから仙台南部道路・東部道路に迂回するコースになりますが、いつもの通り仙台に向かって通過してしまい、ひとつ先のICまで行って東北道乗り直しのハプニング。
さらに東部道路を降りたあともカーナビの理不尽な要求に応えられず迷いまくり、道沿いのタクシー会社を見つめながら『もうここにこの車乗り捨ててタクシーで行こうか?』と本気で考えました。

と言いながら、予定通り12時には利久の入口に並ぶ30人ほどの列の最後尾に並んでいました。
うす曇りながらむしむしと暑い宮城県の空を眺めながら待つこと1時間。
牛タン【極】定食が目の前に鎮座しなさった!!
2017071715522276b.jpg
う・・うんめぇ!!
感極まるとはまさにこのこと。
これを食べるために朝8時に家を出て230㎞4時間、
さらにお店に入るまで1時間待ったので合計5時間の牛タンの旅がここで終わったのだ。


いや、旅はまだ終わりではない。
次の目的地は2年前にオープンした「うみの杜水族館」
残念ながら私のカーナビが古すぎてココは出てこなかったのだが、
"近くまで行けば看板があるがか大丈夫だろう"というO型特有の甘い考えが災いして再び迷う・・・。
牛タン利久から車で10分の筈が倍の20分かかってやっと到着。

砂利の臨時駐車場に車を停めて見渡すが、それらしい建物は・・・これか?
20170717155105ce7.jpg


しかも、午後3時だというのにチケットを求めるお客さんで長蛇の列。
20170717155107fd1.jpg


館内はこんなで
2017071717132705d.jpg

こんなのや
201707171548208ca.jpg

こんなのがいて癒されたが、
20170717154823e1d.jpg

イルカのショーは時間が合わず断念。
それに、水族館の向こうは海じゃなかったのね・・・。
201707171548224ca.jpg


1時間ほどかかって水族館の中を一周したが、とにかくスゴイ混みようで、早々に長男のアパートへ。
車に布団を積んで行ったので、この日は娘とふたり長男の狭いアパートにお泊り。

食器も調味料もほとんどない長男のアパートでの晩ごはんは、満場一致でピザ・パーティになりました。
しかも、デリバリーではなく取りに行けば10%OFFになるというので長男に原付バイクで取りに行かせる(笑)
注文し過ぎたかな?と心配したピザは、全く心配無用だったほど大食いに成長した息子や娘とピザを囲んで
幸せなひとときでした。

仙台滞在24時間で、今日は昼前に仙台を出発。
昨日仙台に向かっていた時と違って、帰りの車の中では口数が少ない娘。
わたし同様、娘も旅の帰り道はチョッピリ心が切なくなったようです。